出会い系

no1SWEET LINE
  • SWEET LINE
  • 評価5

初心者でも安心して利用できるので会員数も多く、理想の出会いが見つけやすいサイトとなっています。

SWEET LINEの詳細はコチラ▶

no2らぶらぶメール
  • らぶらぶメール
  • 評価4

男女比のバランスが取れているので理想の出会いが見つけやすい優良サイトです。

らぶらぶメールの詳細はコチラ▶

no3FirstMail
  • FirstMail
  • 評価1

楽しい出会い、素敵な出会いが経験できるオススメのサイトです。セキュリティがしっかりしているので初心者でも安心です。

FirstMailの詳細はコチラ▶

管理人おすすめサイト

DATE
  • DATE
  • 評価3

真面目な出会いを探している方にオススメのサイトです。検索機能が充実しているので理想の相手が探しやすいです。

DATEの詳細はコチラ▶

プロフィールの作成方法

作成方法

出会い系サイトのプロフィールは、検索されたときにちゃんとひっかかりやすいように書かれているでしょうか?
出会い系サイトでの出会いのきっかけとなるのが、プロフィール検索ですから、男性のプロフィールを見た女性が向こうからメールを送ってきてくれる可能性もあるのです。
男性ほど積極的ではありませんが、そのチャンスを逃さないためにも、女性から見て魅力的に思えるだけでなく、キーワードにひっかかりやすい内容にして、自分のプロフィールが女性の目に触れる機会を増やしておきたいものです。
女性が男性会員のプロフィールを探すときの目的は様々です。
趣味の合いそうな男性を探している人もいれば、どんな人がいるのだろうかと興味本位で検索している女性もいます。
そのときにあなたのプロフィールが検索結果に乗っていなければ、読んでもらうことすらできません。
自分のプロフィールが検索結果に表示されやすくなるようにするにはいくつかコツがあります。
たとえば流行のキーワードを入れるとか、趣味や嗜好について具体的にはっきり書くように心がけてみましょう。

「定額制」の出会い系サイトの特徴

特徴
ポイント課金がない出会い系サイトといいますと「完全無料」な出会い系サイトが代表的。
けれどもそれだけでなくて「定額制」の出会い系サイトも、ポイント課金がないサイトである。
では「定額制」の出会い系サイトのメリットはどこにあるのだろうか。
それはポイント消費など一切気にすることがなくアプローチメールを送ったり、届いたメールを開封したり、プロフィルを修正したり、プロフィル閲覧をしたり……あらゆる行動が追加料金なしで使い放題だということだ。
料金の相場は月額で2,000円から3,000円程度だから一時期に比べるととてもやすくなっている。
「定額制」だからポイントを使わそうとするサクラがいないから騙されることもない。
サクラが狙っているのは顧客が持っているポイントをできるだけ使わせて追加のポイントを買わせようとすることだ。
しかしながら、元々ポイントという概念がないのでサクラの存在意義がない。
ここまでの特徴は「完全無料」な出会い系サイトの特徴に近いのに気がついている人もいるだろう。
しかし大きく違うのは、「定額制」の出会い系サイトの方が格段に出会いが実現しやすいことだ。
それは無料と違って興味本位の人や冷やかしの人が少なく、お金を出してまで出会いを探そうとするタイプの真面目な人が多いから、当然出会いが見つかりやすくなるのだ。
「定額制」の出会い系サイトでも女性が無料で使える場合は、女性の比率がアップするので出会いの確率はより一層上がる傾向になる。
「完全無料」な出会い系サイトで出会いが見つからないことはないが、出会いやすさを比較すると圧倒的に「定額制」の出会い系サイトが有利だ。

無料・有料サイト、システム面の違い

システム面
 無料サイトと有料サイトの違いは、料金面だけではありません。「タダより安いものはない」―と無料サイトに固執する男性もいますが、有料サイトにもそれなりのメリットはあります。
 今回は、ざっと無料・有料サイトの違いをお話します。これからサイトを利用するという方は、こちらの情報もご参考下さい。
 1.会員登録の必要性
   無料サイト/ 必須のサイトもありますが、大半は不要です。
   有料サイト/ 利用料が発生するため、また悪戯利用を防止するため、会員登録は必須となっています。
 2.システム面の違い
   無料サイト/ プロフィールページや掲示板など、簡素な機能が中心です。自らシステム開発を行い、機能充実を図る運営もいますが、大半はフリーで使用できる(一般的に配布されている)システムしか利用していません。
   有料サイト/基本的なシステムのほか、チャットやミニゲームなど+αのシステムが充実しています。
 3.サーバー面の違い
   無料サイト/ 混雑する時間帯は非常に重く、切断をくらうことも。快適にアクセスできるサイトは一握りに過ぎません。
   有料サイト/ 混雑する時間帯であっても快適に利用できます。サーバーがダウンすることは滅多にありません。
 基本的に、利便性は有料サイトが上です。無料サイトにも便利な機能はありますが、痒いところに手が届かない・・・ということも多いです。ストレスなくサービスを利用したい場合は、有料サイトを選択するといいでしょう。

サクラの生息地は幅広い

幅広い
出会い系サイトでお馴染みの厄介者、サクラ。出会い系サイトとセットで話題に上がることが殆どのせいか、「サクラは出会い系サイトにしか存在しない」―と思い込んでいる人もいることでしょう。
しかし、その認識は誤りです。サクラは出会い系サイト以外の場所にも潜んでおり、常に獲物を求めています。
今回は、そうした『出会い系サイト“外”で活動するサクラ』の行動パターンのお話です。舞台は、一般的なSNSサイト。日常的にSNSサイトを利用している男性は、ぜひご一読下さい。
1.女性に擬態して接触する
ご存じの通り、サクラのターゲットは『男性』です。最近では女性を狙うサクラも確認されていますが、今回の話では除外します。
女性から声を掛けられると、相手がどのような存在であろうと嬉しさを感じますよね。それと同時に、同性に対し優越感を覚えると思います。これこそが、サクラの狙いです。
人は単純な生き物なので、警戒心をすぐに薄れさせます。女性に声を掛けてもらえた!―という喜びに、敵う感情はないのです。
2.時間を掛けてターゲットを懐柔する
サクラの手口は年々変化しています。昨今流行っている手口は、時間を掛けてターゲットを懐柔するものです。
時間を掛けることで得られる一番のメリットは、信頼です。信頼を構築することが出来れば、その後は思うが儘。懐柔に要する期間はターゲットとサクラ次第ですが、何れの場合も気づきにくく、知らぬ間に懐柔されているケースが殆どです。
3.懐柔後、徐々に本性を現すサクラ
出会い系サイトの外で活動するサクラの目的は、雇い主が運営する出会い系サイトへの誘導です。どういった方法で誘導するかは、これまたターゲットとサクラ次第。しかし、すでにターゲットは懐柔されています。サクラに対し、疑いの“う”の字すら感じることはありません。
多いのは、「他の会員から嫌がらせを受けてて〜」という切り口からの誘導です。送付されたURLは、登録フォームであることもあれば、ワンクリック詐欺まがいであることもあります。
どれだけ付き合いが長い相手だろうと、送付されたURLは迂闊にクリックしないことです。手間を惜しまないサクラほど、掛かった手間だけ毟り取りにかかります。SNSサイトだけでなく、インターネットでは『疑うこと』が最大の自衛に繋がるのです。

提携サイトの罠

提携サイト
金になることで有名の『アダルトコンテンツ』。出会い系サイトも例に洩れず、一儲けしようという悪徳業者が多数参入しています。故に、出会い系サイトを利用する際には注意すべき点があります。『個人情報』の漏えいです。
インターネットが関わる個人情報の漏えいは、個人から情報を預かった企業側の過失・・・というイメージが濃厚ですが、必ずしもそうとは限りません。寧ろ、出会い系サイトなどアダルトコンテンツが関わる場合は、個人=情報の持ち主による漏えいが大半です。
●その規約、本当に理解していますか?
出会い系サイトでよく見られる規約として「提携サイト」に関するものがあります。当サイトへ送信された情報は、提携サイトと共有を〜等の記述です。一見では無害にも思える記述ですが、これはとんでもない規約です。
これから登録を行う出会い系サイトは無料であっても、提携サイトが無料であるとは限りません。事実、提携サイトは『有料』であるケースが大半で、登録した以上、その提携サイトを利用しなくとも料金請求は行われます。
●一方的なメール送信と料金請求
出会い系サイトの中には、メール送受信に料金を必要とするサイトもあります。もしも、提携サイトがこのシステムを導入していたら、どうなるでしょう?
新規登録した会員に対し、サクラが一斉にメールを送信した場合、会員のポイントはマイナスで表示されます。一方的に送り付けられたメールであるにも関わらず、です。1通は数十円程度でも、100通1000通と送り付けられては堪ったものじゃありません。
●どう対処すべきか
不当な料金請求に対しては、無視を決め込んで構いません。払う必要もなければ、義務もありません。出会い系サイトによってはしつこく請求を行ってきますが、その場合は然るべき機関へ通報すれば大人しくなります。
しかし、拡散してしまった個人情報はどうしようもありません。出会い系サイトに渡した情報がメールアドレスだけなら、アドレス変更・破棄という手段で対処できます。しかし、氏名や住所は問題です。出来ることと言えば、これから更に起こり得るだろうトラブルに対し、警戒することだけです。

Copyright(c) 2013 目的に合った相手が見つかる出会いサイト All Rights Reserved.